クリニックで治療をして尿漏れを改善しよう|お助け泌尿器科

看護師

取り扱い範囲が広い診療科

2人の看護師

男性で尿が弱い、尿をしている時間が長い、という症状がある場合は前立腺肥大症の可能性があります。他にも、膀胱の機能が低下してしまう神経因性膀胱や尿道狭窄にかかっていて、尿が出にくくなっていることもあります。このような症状が出た場合は、新宿の泌尿器科に相談したほうが良いです。排尿困難という比較的軽い症状の場合でも、どんどん進行して、重篤な症状が現れるということもあるので早めに相談しておくと安心できます。尿に関する症状以外にも、睾丸や勃起に関する症状も診てもらうことができるので、不安がある場合は新宿の泌尿器科を受診したほうが良いです。

新宿の泌尿器科では、自由診療としてED治療や包茎治療、にんにく注射などを受けることもできます。EDや包茎というのは、人に相談しづらい悩みですが、新宿の泌尿器科を受診することで悩みを聞いてもらうことができます。また、治療をすることで悩みを改善することができるので、上手に泌尿器科を活用したほうが良いです。また、治療の方法によっては、保険が適用されることもあるので確認してみると良いでしょう。泌尿器科は、男性が受診することが多い診療科ですが、腹圧性尿失禁や膀胱炎などの女性特有の悩みを解決することもできます。男性患者が多くて受診しづらいという場合は、専用外来を利用するのも1つの方法です。新宿の泌尿器科は、幅広い領域をカバーしているので、尿や性器に関する悩みがある場合に活用しやすいです。